蓄膿症(副鼻腔炎)からの不快な症状:後鼻漏の対策

 

蓄膿症を患っているかたで よく鼻水が喉に流れてきたり

 

痰が喉に絡んだりする症状のことを後鼻漏といいます。

 

 

 

 

鼻水は健康な人でも結構な量を飲み込んだりしている

 

鼻水は健康な人でも約6リットルもつくられていて

 

しかしその3割以上は喉のほうへ流れていきます。無意識な行動なのでもちろん自覚はありません

 

自覚がないのは、それは鼻水がサラサラしているからなのです。

 

ところが これが蓄膿症の方だったとしたら感じ方が違います

 

蓄膿症の方の鼻水はとてもネバネバしていることが多く

 

それが痰となり 喉にからんで非常に不快な症状を残します

 

 

 

↓↓蓄膿症・副鼻腔炎の憂鬱な症状改善にオススメ ↓↓