蓄膿症と栄養失調。子供の栄養不足にやずや発芽十六雑穀が手軽に栄養を摂取できる

MENU

スポサーリンク

栄養失調による免疫力低下からの蓄膿症(副鼻腔炎)の発症

 

大人の蓄膿症では、あまり考えにくいですが
特に子供に関しては食べ物の好き嫌いから栄養失調をおこし

 

結果、体力の低下、免疫力の低下を招いてしまって蓄膿症(副鼻腔炎)発症するということもあります。

 

食べ物の好き嫌いは親にとっては本当に難しく
食べやすいレシピを考えたりと、作ったと思ったらそれでも食べてくれなかったりと

 

親としても精神的苦痛になります

 

 

どういう味にしたら子供は食べてくれるんだろうと考えているうちに
ストレスにもなります

 

 

そこで、レシピを考えにくい おかずを食べやすくして栄養を摂取するのではなく

 

主食自体を栄養をたくさん摂取できるものにすれば、毎日効率よく栄養補給ができます

 

 

主食とは、一般的にはご飯(白米)ですね。これを工夫すると毎日栄養摂取ができます

 

では なにを使うかと言うと コレ!!

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

 

昔CMでもおなじみであった『やずやの発芽十六雑穀』

 

みなさんもご存知ではないでしょうか?

 

 

この『やずやの発芽十六雑穀』雑穀とは言いつつも侮れませんよ!
しっかりと栄養が詰まっています

 

 

 

やずやの発芽十六雑穀の豊富な栄養素

 

もち赤米

リン、ビタミンE、B1、ポリフェノールを含みます

 

 

もち黒米

赤米より栄養が豊富に含まれています!ビタミンB2やポリフェノールがたくさん含まれています。

 

 

 

小豆

含まれる食物繊維はサツマイモやゴボウよりも多くビタミンB群やサポニンまでも含まれています。

 

 

もちきび

亜鉛、鉄、食物繊維やマグネシウムを豊富に含んでいます。

 

 

もちあわ

カルシウム、鉄分、マグネシウムを豊富に含みミネラルバランスの良さが特徴です。

 

 

とうもろこし

糖質、タンパク質、ビタミンAB群。E、リン、ミネラルも多く含む。

 

 

ひえ

食物繊維、リン、マグネシウムを豊富に含みミネラルバランスも良い

 

 

青大豆

中身も青い希少な青い大豆、普通の大豆に比べてカロテンがたくさん含まれています。

 

 

青玄米

フィチン酸、食物繊維、ビタミンを多く含みます。若い玄米です。

 

 

もち玄米

ビタミンC、ナイアシンを多く含みます。コメから殻だけをとった玄米です。

 

 

もち麦

注目の成分βグルカンを多く含みます。栽培に手間がかかるため希少。

 

 

はだか麦

大麦の一種で。食物繊維、ビタミンB群、カルシウム、灰分、鉄などを多く含みます

 

 

大豆

タンパク質、オレイン酸、リノール酸、αリノレン酸、コリンを多く含みます。

 

 

黒大豆

普通の大豆よりポリフェノールを多く含みます。

 

 

ビタミンB2、マグネシウム、鉄やマンガンを多く含みます。

 

スポンサーリンク

 

 

おかずのレシピに関係なく栄養が摂取できるというメリット

 

 

やはりメリットは 手軽に栄養を摂取でき体力強化ができるからではないでしょうか?

 

先程も書きましたが

 

小さいお子様のおられるかたは、おかずで栄養摂取させようとすると

 

どうしてもレシピの好き嫌いがでてきて

 

食べ残しをします

 

 

しかし、主食に雑穀を混ぜることで 余計なレシピの考える手間が省けます。

 

そして、お子様の栄養も日々の主食から毎日摂取できるので

 

すごく手っ取り早いと思います

 

 

蓄膿症では栄養状態の悪さから免疫力や体力が低下し

 

症状がでてきたりしますので こういったものを生活に取り入れることで

 

案外、早く解決するかもしれません。

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。