蓄膿症・副鼻腔炎 自宅でできる膿出し治療、改善方法

スポサーリンク

蓄膿症・副鼻腔炎の症状でお困りの方へ

 

これから一般にまだ出廻っていない蓄膿症、副鼻腔炎の改善方法を公開します。

 

 

まずは、実際にツラかった日々から解放された方の感想をお聞きください。

 

薬を飲まなくてもいいのはスゴイですね! 副鼻腔炎改善

 

小さい時からアレルギー体質で、常に鼻炎のような症状がありました。

 

数年前からは粘り気の強い鼻水が出るようになり、
喉に流れ込んで咳こむことも・・・。臭いもすごかったです。

 

病院で詳しく検査をしてもらったら「副鼻腔炎」と言われました。

 

治療は主に薬の服用でしたがそれほど効果もなく、
いつもすっきりしない状態でした。

 

そんな時に母が見つけたのが、この蓄膿症(副鼻腔炎)改善法で、
薬を飲まなくても副鼻腔炎を治すことができそうだとすすめてくれました。

 

内容はごく簡単だったので、いろいろと実行していくうちに
徐々に副鼻腔炎の不快な症状が軽くなってきたのが分かりました。

 

まさか病院にも行かずに治すことができるとは思っていなかったのですが、実行してみたらキチンと効果が出始めたのでとても驚きました。

 

実際に始めて3ヶ月ほど経った今では以前の状態がウソのようです。

 

鼻水が止まったので咳こむこともないし蓄膿症による臭い(口臭)や頭がズシンと重い状態も解消しました。

 

どうすれば長年苦しめられた蓄膿症・副鼻腔炎をこんなにあっさり解消できるのか?

 

意外かも知れませんが、実践者の皆さんは
副鼻腔炎改善の確実な流れをマスターすることで
短期間で副鼻腔炎を改善してしまいます。

 

体に負担のかかる方法や危険な薬を一切使わないのはもちろんです。
何か特別な手術をしたわけでもありません。

 

その場しのぎで一時的に収まったように感じることはあります。
でもそれは根本的な改善とは程遠いです。

 

しっかり治療しなければ、鼻水や鼻詰まりだけではなく、
発熱や慢性的な痛みなど、生活に大きな支障がでてしまうことも多々あります。

 

なので、一番重要なのは副鼻腔炎の原因に対する
根本的な対策を体に負担のない形で行なうということなんです。

 

では、どうすればいいのか?

 

 

これから先は、今このページを見ている方の副鼻腔炎の悩みをいきなり解決してしまうような
お話になっていきます。

 

なぜ今回、このようにホームページでお話しようと思ったか。

 

それは、「副鼻腔炎の改善・治療に対しあまりにも間違った知識を持っている方が多い」
と思ったからなんです。

 

数多くの蓄膿症(副鼻腔炎)を患ってる方達に話を聞いてみると、
大半の方が抗生物質を使うなり何らかの治療方法を独自にやっています。

 

 

しかし、間違いだらけのやり方をしている方が殆どなのが現状のようです。

 

副鼻腔炎は決して治らない病気ではありません。

 

ですが、間違った治療方法を行なってしまうと
余計に症状を悪化させてしまうというデータがあります。

 

そんな現状をふまえ この
本当に正しい副鼻腔炎の改善プログラムが開発された訳です

 

世間的に、副鼻腔炎や蓄膿症は“たかが鼻の病気でしょ”と軽くおもわれているがありますが
しかし、この蓄膿症(副鼻腔炎)という病気はなった人にしかわからない本当に辛い症状がでます。

 

「鼻が常に詰っている」

「呼吸がしにくい」

「鼻水が止まらない」

「酷い口臭がする」

「頭がいつもボーッとする」

 

 

など、日常生活に支障をきたすレベルの症状がたくさん出てくるのです。
このページを見ているあなたも、きっとさまざまな症状に悩まされているのではないでしょうか?

 

副鼻腔炎が治るとこんなことが、出来るようになる。

 

副鼻腔炎が改善すると様々なことができるようになります。

 

鼻水が垂れてはいないかという不安から解放された。

味がわかるようになり、美味しいものを食べる楽しみが増えた。

ティッシュを忘れて外出しても冷や汗をかかなくなった。

いびきを気にせずに友達との旅行を楽しめるようになった。

鼻や口の臭いを気にせずに友達と談笑できるようになった。

集中して勉強や読書に打ち込めるようになった。

異性がそばにいても緊張しなくなった。

毎日薬を飲まなくてもいいのがとにかく嬉しい。

喋っていても痰が絡んで困ることがなくなった。

体の調子も仕事の調子も良くなり、自分に自信が持てるようになった。

気持ちが明るくなり、お客さんに笑顔をほめられた。

 

これらは一般の人達からすれば、どれも普通のことだと感じると思います。

 

ですが、副鼻腔炎を患っている方々にとって、
こういった普通のことを普通にできるようになるのがどれだけ嬉しいことか…

 

このサイトを訪れたあなたは、お分かりだと思います。

 

スポサードリンク

 

多くの方がやってしまう間違った3つの蓄膿症・副鼻腔炎の改善方法とは?

 

 

あなたは、これまでどのような改善方法を行なってきましたか?

 

本や雑誌に載っていた方法をそのまま行なったり、抗生物質の服用や、あるいは整体や鍼治療を試してみたり、など...

 

 

しかし、よく思い返してみてください。
それらの方法で、これといった効果はありましたか??

 

このホームページを見ていただいているということは
おそらく既存の方法では結果を得られなかったのではないでしょうか??

 

はっきり言います、間違った対策は症状を悪化させる場合があります。
個人差はありますが

 

ある人には有効であった方法が他の人にはまったく効果が現れず、
逆に症状を悪化させてしまうということも多々あるのです。

 

そこで、まずはつの間違った改善方法についてご紹介します。

 

この3つは一般的にとてもポピュラーなものとして知られていますが、
いずれも大きな落とし穴が含まれているのです。

 

それぞれの方法がいかに間違ったものであるか、見ていきましょう。

 

放っておく

 

症状が出ても、放っておくという人がいます。いわゆる放置ですね世間には、副鼻腔炎は自然に治るという情報があったり、鼻水が出るくらい大したことはないと考える人がいるからでしょう。

 

しかし、副鼻腔炎は粘膜が二次感染を起こすなど悪循環が生まれやすいので、早期の治療が大切な病気です。
重症化すると手術が必要になったり、合併症を引き起こす危険もあるので、放っておいてはいけません。

 

 

 

風邪薬を飲む

 

大量に出る鼻水を止めるために、風邪薬を飲んで鼻水を止めようと考える人は多いかもしれません。しかし、副鼻腔炎は、副鼻腔に膿が溜まっている病気です。その場で鼻水を止めることができても、膿は溜まったままですし、症状はどんどん進行していきます。鼻水が止まっても安心はできません。どんどん見えない所で症状が悪化していくと、手術などが必要になってしまいます。

 

抗生剤に頼る

 

病院で処方される抗生剤に頼り続けてしまうパターンです。
多くの方がコレにあたるのではないでしょうか?

 

 

抗生剤は種類によって、効果の出る菌と出ない菌があります。

 

ですから、なかなか治らないからといって、同一の抗生剤を長く使用しても、まったく意味はありません。副鼻腔炎が治らないばかりか、病原菌が薬への抵抗力を強め(耐性)薬が効きにくい体質になってしまうので、注意してください。

 

これらの治療方法を継続して行なったことのある方はかなり多いと思います。

 

 

大きく3つに分けられる蓄膿症・副鼻腔炎とその原因とは?

 

では、副鼻腔炎を正しく改善するにはどうすればいいのでしょうか?
それには、大まかでも、あなたの副鼻腔炎のタイプを知る必要があります。

 

個人差があるように、タイプが違えば解決策も異なります。あなたのタイプに合わない治療を続けると、症状を悪化させる可能性も高まるのです。

 

以下にそれぞれについて、簡単に説明してみます。
まずは自分がどの副鼻腔炎のタイプに当てはまるのか考えてましょう。

 

 

「体質」からなる副鼻腔炎

 

アレルギー体質が原因で副鼻腔炎になるタイプです。
アレルギーとは、ある特定の抗体に対して過剰に反応してしまう状態を言います。
アトピー性皮膚炎や気管支喘息、食物アレルギーなど様々なものがありますが、
体質によって副鼻腔炎にかかりやすくなり、慢性化する場合があります。

 

「鼻中隔の歪み」による副鼻腔炎

 

鼻中隔(鼻のついたて)が極端に曲がっているために副鼻腔炎になるタイプです。
鼻中隔とは鼻の内部のことであり、外から見て曲がった鼻のことではありません。
幼い頃はまっすぐであっても、歳をとるにつれて鼻中隔が片方に偏ってくることがあります。

 

「他の病気」からくる副鼻腔炎

 

他の病気から副鼻腔炎に発展してしまうタイプです。3つの中で最も発症率が高いと言われています。
主に風邪やインフルエンザ、肺炎などから発展する場合が多く、病気による鼻の粘膜の炎症が
副鼻腔に広がったり、病原菌そのものが副鼻腔に入って炎症を起こしたりするのです。
虫歯や歯周病など、口の中の細菌が鼻に入り込んで鼻腔で炎症を起こし、
副鼻腔炎を引き起こす場合もあります。

 

もしかしたら、1つでなく2つ以上思い当たる節があるかもしれません。
それでも大丈夫です。

 

次に、タイプが分かったところで、
それぞれのタイプの主な原因についても見ていきたいと思います。

 

このような症状が引き起こされるのには、それぞれ理由があります。
副鼻腔炎を治すには、この原因に根本からアプローチしていく必要があるのです。

 

「体質」からなる副鼻腔炎の原因

 

アレルギーを引き起こす最も大きな原因は、花粉やハウスダストです。
空気中にたくさん飛んでいるためアレルギー反応を引き起こしやすく、
いつまでも炎症が繰り返してしまうのです。このタイプの副鼻腔炎は原因を完全に取り除くことが難しく、
悪化させないためにはアレルギーそのものを重症化させないことが肝心となります。

 

「鼻中隔の歪み」による副鼻腔炎の原因

 

鼻中隔が極端に曲がることが原因です。多少の歪みであれば問題はないのですが、
極端に鼻中隔が曲がると、鼻の穴に入る空気量も左右で異なってきます。
空気が入りにくい方の鼻腔に大きな負担がかかるため、鼻の粘膜が厚くなります。
そうして鼻詰まりを起こしやすくなり、慢性的に鼻が詰まることで炎症が発生。
結果的として副鼻腔炎になってしまうのです。

 

「他の病気」からくる副鼻腔炎の原因

 

風邪やインフルエンザの細菌が副鼻腔に入り込み、炎症を起こすことが直接の原因です。
副鼻腔が炎症を起こすことで、分泌物がたまりやすくなってしまいます。

 

 

その中で細菌が増殖してしまうのです。

 

 

日々の健康管理をしっかり行い、病気を予防することが、副鼻腔炎の発症や再発を予防することに
繋がるとも言えます。

 

 

いかがでしたか?
主な原因についても見ていただきました。

 

注意しなければならないのが、
原因はなにも1つだけによるものではない、という点です。

 

症状によっては複数の原因が重なっている場合もあります。
そして原因が重なると、その分治療が難しくなってしまうケースが多いです。

 

だからこそ、よほどの専門知識がない限り、
誰にも知られず自分だけでこっそり副鼻腔炎を治すのは困難なのです。

 

スポサードリンク

 

蓄膿症・副鼻腔炎にまだ高額な治療代を払い続けますか??

 

 

副鼻腔炎のタイプや既存の方法のデメリットについて見てきましたが、
もうひとつ、考えておかなければならないことがあります。

 

それは費用の面です。

 

本格的な治療を受ける場合、薬や手術など幾つか手段がありますが、
これらはかなり高額な費用がかかるんです。

 

まず点鼻薬や抗生剤などの薬ですが、
これらは月に少なくとも数千円かかります。

 

ずっと副鼻腔炎が治らないとなれば、その費用は生涯払い続けなければなりません。

 

 

そして薬では改善できないと判断された場合、
手術を勧められることになります。

 

手術ですが、大別すると鼻茸(はなたけ)切除術と鼻内内視鏡手術(蓄膿根本手術)
の2種類があり、状況によって判断されます。

 

片鼻の鼻茸切除でしたら5、6万円程度ですが、
両方の鼻を手術するとなると30万円程度が必要になります。

 

しかも大部分を切除するとなると、
術後しばらくは入院しなければならない場合があります。

 

そうなると入院費用などを含めてさらに費用が増します。

 

 

今ではレーザー治療という方法も確立されています。
こちらは保険が適用され、3割負担で1万5千円程度となります。

 

両鼻を焼灼するのですが、1回の治療で改善しないことも多く、
その後も何度かレーザーの照射を受けなければならないケースがほとんどです。

 

このように、いずれの場合も、かなりの費用がかかることは明白ですね。

 

忘れてはいけないのは、どの方法も改善はしないという点です。
高い手術費用をかけて一時的に改善したとしても、再発する危険性は常にあるのです。
それは手術前に必ず告知される内容です。

 

あなたは、一時的な改善を得るためだけに、高額な費用を払い続けたいですか?

 

 

答えは"NO”だと思います。

 

 

これらは、あなたが実践する蓄膿症の治療の知識の、ほんの一部です。

 

 

この副鼻腔炎改善方法を実践した後のあなたの生活はすごく楽になるはずです!

 

 

難しいことは何一つありません。
マニュアルの内容にしたがって進めていくだけです。

 

もう、無駄なお金を副鼻腔炎対策のためにつぎ込む必要はありません。
これ以上、ストレスを抱えて副鼻腔炎の事で悩む必要もありません。

 

自分が副鼻腔炎の事で悩んでいたことさえも忘れてしまうかもしれません。

 

副鼻腔炎を改善できる人と改善できない人の違いは、
「この方法を知っているか?知らないか?」
それだけの違いだったのです。

 

実際に「蓄膿症改善法」を実践し、症状が改善された方からは

 

鼻づまりや口臭を気にせず、人と気軽に話せるようになった!

集中力が増して、成績が上がり希望の学校に入ることができた!

匂いが分かるようになり、食事を楽しめるようになった!

前向きな気持ちが生まれ、いつでも自然な笑顔が出せるように!

毎月の医療費が無くなったので、経済的な余裕が生まれた!

鼻の詰まりが無くなったので滑舌が良くなり、ハキハキ話せるようになった!

いびきの心配をしなくて済み、友達との長期の旅行でも安心!

合コンに呼ばれても、喜んで参加できるようになった!

花粉症やアトピーなど、他のアレルギー症状も消えた!

毎日熟睡できるようになったので、いつでも頭の中がスッキリしている!

常にティッシュを携帯しなければならない心配が無くなった!

 

など、多数の喜びの声をいただいています。

 

あなたも1週間後、2週間後と実践していくうちに、
自然と「あれっ、副鼻腔炎がだいぶ良くなっている…」と感じられると思います。 

 

もう、悩むことはありません。
副鼻腔炎を改善すると生活が本当に楽しくなりますよ!

 

 

↓↓蓄膿症・副鼻腔炎の憂鬱な症状改善にオススメ ↓↓